大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

イクメン川柳など入賞作品を発表 大分労働局

 大分労働局は13日、「STOP!マタハラ標語」と「イクメン川柳」の入賞作品を発表した。それぞれの最優秀賞には黒飛(くろとび)義竹さんの「産休を祝う社風で社も育つ」、和泉元(いずもと)良彦さんの「お迎えにはしゃいでパパとハイタッチ」が輝いた。
 マタハラ標語は妊娠や出産への嫌がらせ防止、イクメン川柳は男性の育児参加を促すのが目的。昨年募集し、計700点の応募があった。入賞作品は広報誌などに掲載する。
 昨年度、労働局に寄せられた妊娠・出産・育児に関するハラスメントの相談は127件。労働局の桑原光照雇用環境・均等室長は「作品が子育てしやすい環境づくりにつながれば」と話している。
 両部門の優秀賞は次の通り。
 ▽マタハラ標語 「赤ちゃんも職場のみんなと家族だよ」(中村詩奈)、「思いやり小さな命に届く声」(宮崎唯)
 ▽イクメン川柳 「家事・育児スマホにたよるイクメンパパ」(房前浩二)、「うちのパパ ネクタイエプロン二刀流」(梶浦公靖)
※この記事は、2月16日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
「台風19号災害義援金」
受付中 (大分合同福祉事業団)
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る