大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

選手を「チンパンジー」 別大マラソン 通訳の女性が投稿 事務局、研修見直しへ

 別府大分毎日マラソン大会で通訳を務めた大分市内の50代女性が、担当したアフリカの男子選手をインターネットのブログで「チンパンジー」と記して紹介していたことが14日、関係者への取材で分かった。女性に悪意や人種差別の意図はなかったという。大会事務局は「不適切な表現」と指摘。今後、運営スタッフの研修や指導の在り方を見直す。
 大会は3日に大分、別府両市であった。関係者によると、ブログには女性が所属する運動サークルの活動報告などを掲載。10日の投稿でアフリカの選手の話題を取り上げ、誰でも閲覧できる状態だった。
 会話に苦労したことを「原始人とコミュニケーションをしている感覚」「最初はシャイだったチンパンジー達も、だんだんと心を開いてくれました」と、写真を交えて記述。複数の選手らと一緒に写った写真では「かわいいチンパンジー達」と表現した。
 ブログは現在、閉鎖したもよう。
 女性は競技役員の紹介で大会運営に加わったという。昨年に続き2回目。大分国際車いすマラソン大会でも10年以上前から外国人選手の通訳をしている。
 取材に対し、「言葉が通じない感覚を書いただけ。差別意識はない。言葉遣いに気を付ければよかった。申し訳ない」と釈明した。
 事務局長の阿南寿和別府市副市長(63)は「外部の指摘を受け、事実関係を確認した。歴史ある大会で大変残念だ。ブログを見て、不愉快な思いをした人に申し訳ない」と話した。

 
※この記事は、2月15日大分合同新聞朝刊23ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る