大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

待ち時間 気軽に読書 持ち出し自由 返却「いつでも」

 列車の待ち時間に気軽に利用。竹田市のJR豊後竹田駅待合室に17日、岡本ふれあい図書館の「リサイクル文庫」が誕生。関係者が除幕式をした。利用者登録や貸し出し手続きは不要で、誰でも自由に好きな本を借りられる。後藤篤館長(84)は「駅舎が憩いの場になれば」と期待している。

 岡本ふれあい図書館は旧岡本小(2012年度末閉校)にあり、卒業生の手で開館。蔵書は住民が持ち寄り、県立図書館の除籍本(廃本)も集めた。当初8千冊だったが、寄贈が増えて1万7千冊に達した。運営メンバーで駅活用に携わる山口正信さん(80)が「駅と周辺の活性化に」と設置を提案。JR九州も快諾した。
 現地で15日、設置作業があった。7人が本棚を据え付け、文庫本を中心に漫画や趣味の本など300冊を並べた。「旅に関する本が多い。列車の待ち時間などに、スマホ世代の若者たちにも親しんでもらえたら」と後藤館長。
 遠くから訪れる旅行者に配慮し持ち帰り自由で、貸出期間の定めはなく返却も「できるだけ」。無人で、毎日1回メンバーが巡回。冊数が減ったら補充する。
 駅を利用する高校生からは喜びの声。竹田高2年の首藤碧音(あおね)さん(17)は「気軽に本を読めて便利」、宮本遥さん(16)は「退屈だった待ち時間が充実しそう」。
 山下慎一駅長(43)は「駅のにぎわいづくりになる。列車に乗らないバス利用者や近くの人も立ち寄ってもらえたら」と話す。
 開館は午前5時~午後10時10分。問い合わせは岡本ふれあい図書館(TEL0974・62・3863)、豊後竹田駅(TEL0974・62・2318)。
※この記事は、12月18日大分合同新聞朝刊17ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 11時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る