大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

日田にドローンスクール 高まる需要、安全面に力

 小型無人機ドローンの操縦や運航の安全管理を担う人材を育てるドローンスクール「NDMC大分日田校」が日田市天瀬町に開設された。民間の認定資格を取得する講座を設ける。3日に講習会場の市天瀬B&G海洋センターで記念セレモニーがあった。
 国内で初めて認定制度を始めた日本UAS産業振興協議会(JUIDA、東京)の認定校で、日田玖珠地域では初めて。日本DMC(静岡市)の大分校として、ドローン関連業務を手掛ける日田市友田のノーベル(野元孝通社長)が運営する。
 講座は10日から始まり、当面、無人航空機操縦技能5日間コースを来年3月まで毎月開催する。機体の構造、法令などの座学と実技訓練がある。安全面の知識、技能習得に力を入れるのが特徴という。資格取得で国の許可が必要な▽地表から高さ150メートル以上▽イベント会場上空―などの飛行申請が容易になる。
 この日は15人が参加。開校式の後、座学と実技の操縦体験があった。
 日田校代表の野元社長は「地域でのドローンの需要は広がる。ドローン産業の健全な発展に寄与したい」と話した。問い合わせは運営事務局(TEL0973・28・5578)。
※この記事は、12月4日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る