大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

160事業 概要を発表 国民文化祭おおいた2018

 第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会の県実行委員会は27日、総会を大分市内のホテルで開いた。開閉会式の詳細や約160に上る文化事業の概要を承認し、発表した。
 事業では別府市の「アニッシュ・カプーアinBEPPU」が目玉。ロンドン五輪のモニュメント制作や、ベルサイユ宮殿で大規模個展を成功させるなどし世界的に注目される彫刻家カプーア氏(インド出身、ロンドン在住)を招聘(しょうへい)。新作など数点を別府公園などに設置し、全世界に“ベップ”を発信する。見上げるような巨大な作品が話題を呼びそうだ。
 開会式・オープニングは10月6日午後5時から。県立美術館前の国道を歩行者天国とする屋外会場と、いいちこ総合文化センターで一体的に開催する。
 県内5エリアを映像で紹介した後、小野正嗣さん脚本、穴井豪さん演出・振り付けによるステージが開幕。歩行者天国での記念アトラクションもある。総合司会は、父方が宇佐市安心院町出身の女優賀来千香子さん、国歌斉唱は大分市出身の石本高雅さんが務める。
 11月25日のグランドフィナーレはDRUM TAOが演出・出演。締めくくりのフィナーレステージ「大分の山々巡行」は舞踊台本・演出・振り付けを藤間蘭黄さん、音楽を大島ミチルさんが手掛ける。
 大分では20年ぶりの国文祭は、初めて障害者芸術・文化祭も同時開催される。障害者アート事業では、作品の魅力をさまざまな展示やワークショップで発信する「障がい者アートの祭典」、障害のある人とない人が共につくりあげるダンスのステージ「ダンス! ダンス! フェスティバル」などがある。
※この記事は、4月28日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 8時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る