平成30年度 大分合同新聞納涼花火シリーズ

別府会場 7月29日(日) 20:00スタート!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

全国学力テスト 県内2万人が参加 

 小学6年と中学3年の全員を対象にした文部科学省の「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)が17日、一斉に実施された。国語と算数・数学に加え、3年ぶりに理科を加え3教科で、計約213万4千人が参加。
 大分県内は国公立、私立の小学校254校と中学校132校から、児童・生徒計約2万人が受けた。結果は7月に公表する。
 東日本大震災で事実上実施できなかった2011年度を除き、今回で11回目。
 大分市の西の台小学校(冨高宏美校長)では、6年生156人がテストを受けた。教員の注意説明があった後、開始合図とともに問題を解き始めた。
 国語と算数・数学は基礎的知識を問うA問題と、知識の活用力をみるB問題に分けて出題。理科は知識と活用を一体的に問う。同時に子どもたちに学習意欲や生活習慣などを尋ねる質問調査も実施し、さまざまな分析に役立てる。
 結果公表はこれまで8月だったが、教員が夏休み期間中に結果の分析などをできるよう7月に前倒しする。
 文科省は来年度から3年に1度程度、中3全員を対象に英語も実施する予定で今年5月に一部の学校を抽出して予備調査をする。
 また、国語と算数・数学について、知識と活用を一体的に扱う新形式に変更する方向でも検討している。
 全国学力テストは07年度に全員参加方式で始まった。
 民主党政権が一時、約3割の学校を抽出する方式に変えたが、自民党の政権復帰で全員対象に戻った。今回の参加は小学校1万9629校の約107万2千人と、中学校1万80校の約106万2千人。国公立は全校で、私立の参加率は49・8%。

※この記事は、4月17日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る