Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

主将に竹内 坂井、新潟へ期限付き移籍 トリニータ

 大分トリニータは22日、DF竹内彬(34)が今季の主将に決まったと発表した。副主将はDF鈴木義宜(25)、FW後藤優介(24)、MF小手川宏基(28)、丸谷拓也(28)が務める。
 竹内はチーム最年長。副主将は昨季同様、年齢やポジションなどのバランスを踏まえて4人体制とした。
 片野坂知宏監督は「竹内はベテランで経験も豊富。どの選手ともいいコミュニケーションを取ってくれる」と期待を込め、竹内は「練習から常に全力でプレーする姿勢を見せ、責任感を持ってチームをまとめていきたい」と話していた。

 大分トリニータは22日、ベルギー2部のAFCトゥビズに期限付き移籍していたMF坂井大将(だいすけ)(21)が、J2新潟に期限付きで移籍(来年1月まで)すると発表した。大分と新潟の対戦に坂井は出場できない。
 大分フットボールクラブによると、トゥビズへの移籍期間は6月末までだった。だが坂井のビザの関係で試合に出られなくなり、新たな成長の場として新潟移籍を決断した。
 坂井は「当初は試合にも出られ、言葉や文化が違っても海外でサッカーをすることが新鮮で楽しく感じていた。だがビザが下りないまま、リーグ戦は終盤に入り、試合に出られない環境が続いた。大分への復帰も選択肢にあったが、試合に出たいという気持ちもあり決断した」とチームを通じてコメントした。
※この記事は、1月23日大分合同新聞朝刊20ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 12時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る