Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

“故郷”へ進出した企業が音楽祭開催 日田市

 全国各地の音楽好きの人たち、日田に集まれ!―。玖珠町出身で日田高校OBの稲葉孝政さん(59)が社長を務めるITコンサルタント会社「ティーアンドエス」(東京都)が4月2日、パトリア日田で「第1回日田音楽祭」を開く。今もバンド活動を続ける稲葉さんが、同社の日田市進出をきっかけに「音楽活動を通じて故郷の活性化を」と企画した。20日まで出演者を募集している。

 音楽祭は、音楽のジャンルも経歴も問わないコンテスト形式。グランプリの賞金は50万円(総額100万円)。ウェブ審査で選んだ10組が千人収容のホールで演奏する。出演者のオリジナル楽曲は同社サイトで紹介する。ゲストで招くギタリストの稲葉政裕さん(56)=藤蔭高校OB=は実弟で、ミュージシャンの小田和正や吉田拓郎と共演した経験も多数ある。
 稲葉さんは高校時代にバンドにはまり、現在もボーカルを担当。「バンド活動のノウハウは企業経営に役立ってきた」と振り返る。同社の企業理念「ハッピー・スパイラル(幸せの好循環)」を日田から実現しようと音楽祭を企画した。
 同社は東京や福岡市で業務をしていたが、ソフトウエア制作や人材確保・育成の拠点の一つにしようと、日田市に着目。昨年2月に「ティーアンドエスおおいた」を設立した。地元を中心に10人を採用している。
 稲葉さんは「千人収容のホールは演奏者にも魅力があるはず。毎年開催し、日田を全国にアピールしたい」と市民の来場も呼び掛けている。
 申し込みは日田音楽祭のサイトから。出演者の宿泊費や交通費は主催者が負担する。問い合わせはティーアンドエスおおいた(TEL0973・27・5041)へ。
※この記事は、2月18日大分合同新聞朝刊14ページに掲載されています。

OPENCLOSE

cawainformation-カワインフォ

cawainformation-カワインフォ毎日更新中

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る