スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

元阪急、高井保弘氏が死去

「世界の代打男」

 プロ野球阪急(現オリックス)で歴代最多の27本の代打本塁打を放った高井保弘(たかい・やすひろ)氏が13日午前9時44分、腎不全のため兵庫県西宮市の病院で死去した。74歳。愛媛県出身。オリックス球団が13日に発表した。葬儀・告別式は15日午後0時半から西宮市高畑町2の25、エテルノ西宮で。喪主は妻安枝(やすえ)さん。

 愛媛・今治西高から名古屋日産を経て1964年に阪急入団。主に代打で活躍し、74年のオールスター第1戦でヤクルトの松岡弘投手から代打逆転サヨナラ2ランを放った。75年には代打本塁打数で当時の大リーグ記録を超え「世界の代打男」の異名を取った。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 2時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る