スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

箱根駅伝のエントリー選手発表

東海大は館沢、小松ら登録

 来年1月2、3日に行われる東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームのエントリー選手(各16人以内)が10日発表され、総合2連覇を狙う東海大は主将の館沢亨次や前回最優秀選手の小松陽平、鬼塚翔太らを登録した。関颯人は外れた。

 2年ぶりの王座奪還を目指す青学大は鈴木塁人らが入り、2年連続で山上りの5区を務めた竹石尚人は漏れた。東洋大はエースの相沢晃や1区で2年連続区間賞の西山和弥ら、出雲全日本大学選抜駅伝を制した国学院大は前回5区区間賞の浦野雄平らが名を連ねた。10区間のエントリー選手は29日に決まる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 2時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る