国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

カリブ海クルーズ入港拒否相次ぐ

ジャマイカ、英領ケイマンなどで

 【サンパウロ共同】カリブ海を航行するクルーズ船に新型コロナウイルス感染者が乗船している可能性があるとして各国から入港を拒否されるケースが相次いでいる。運航会社側は「過剰反応」と批判している。

 運航会社MSCクルーズの客船は25日、寄港予定だったジャマイカと英領ケイマン諸島の当局からそれぞれ入港を拒否された。乗員の1人に風邪の症状がみられたことが理由。「新型コロナウイルス感染者はいない」と主張したが聞き入れられなかった。

 フレッド・オルセン社のクルーズ船も27日、インフルエンザのような症状の乗船者が複数いたことからドミニカ共和国に入港を拒否された。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 10時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る