国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

厚労省職員と検疫官が新たに感染

クルーズ船で業務、どちらも軽症

 厚生労働省は24日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で業務に従事していた同省の男性職員と男性検疫官の計2人が、新たに新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。2人は入院したが、軽症という。今後、濃厚接触者の有無を調べる。

 クルーズ船ではこれまでに、別の検疫官1人と厚労省職員2人、内閣官房職員1人の感染が判明しており、感染が判明した政府職員は計6人となった。今回検査で陽性となった男性職員は、既に感染が確認されている同省職員ら2人と、3人一組で仕事をしていた。

 男性職員は40代で、15日に乗船し、事務作業に当たった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 10時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る