国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

カモノハシ新幹線が引退へ

「時代築いた」感謝と誇り

 カモノハシのくちばしに似た先頭形状がトレードマークの「700系」車両が3月8日、東海道新幹線での営業運転を終える。1999年のデビューから20年余り。品川駅の開業に合わせて進んだ高速化や本数増強を支えた。登場前の走行試験を担当した運転士松井孝行さん(55)は、大事故や死者も出さずに現役を退く愛車に「一時代を築いてくれた」と感謝でいっぱいだ。

 現在はJR東海で乗務員の指導役を務める松井さん。後輩からは700系の引退式典のハンドルを握りたいとの希望をよく耳にする。指導者の立場で運転士に戻ることはもうないが「やりたくないと言ったらうそになりますね」。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 8時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る