国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

労使とも賃上げの必要性は一致

春闘、連合・経団連トップ会談

 連合の神津里季生会長と経団連の中西宏明会長が28日、東京都内で会談、2020年春闘の攻防が本格化した。中西会長は「ここ連続で続いているモメンタム(勢い)は大事だ」と強調、労使とも賃上げの必要性で一致した。一方、神津会長は「うねりは社会全体になっていない。分配構造の転換につながり得る春闘にしたい」と、中小企業で働く人たちや非正規労働者ら幅広い労働者が実感を得られる形の賃上げを求めた。

 今春闘は米中貿易摩擦などで景気の減速感が漂う中、ベースアップを含む賃上げを持続できるかどうかが焦点。組合側は2月中旬ごろに経営側に要求書を提出。大手の回答は3月中旬がヤマ場。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る