国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

村上世彰氏、買収防衛策を批判

東芝機械に「保身のための暴挙」

 投資家の村上世彰氏は24日、旧村上ファンド系の投資会社が実施する株式公開買い付け(TOB)に対し、東芝機械が株主総会の承認を得ずに買収防衛策を導入したことについて「株主による会社のガバナンスを完全に無視した、経営陣保身のための暴挙以外の何物でもない」と批判した。共同通信の書面インタビューに応じた。

 買収防衛策の是非を問う臨時株主総会の開催を東芝機械に求めており、強行して発動した場合は「差し止め仮処分などの適切な対応を取る」と強調した。

 旧村上ファンド系の投資会社オフィスサポートの子会社が21日から、東芝機械へのTOBを実施している。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る