国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

被災の熊本城、入場10万人に

見学再開2カ月余、8歳に記念品

 2016年4月の熊本地震で被災し、今年10月5日に3年半ぶりとなる一般公開が始まった熊本城(熊本市)で14日、見学再開から通算10万人目となる来場者が訪れ、記念のセレモニーが開かれた。

 10万人目となったのは福岡県柳川市の小学2年池末羚くん(8)。午前10時半ごろ親戚とともに訪れた羚くんは、熊本城かるたなどの記念品を贈られ「いきなりでびっくりしたが、うれしい」とはにかんだ。父の勇人さん(54)も「足場が残りまだ復旧中だと感じるが、しっくいは以前よりくっきりしてきれいだ」と城を見上げた。

 主に日曜と祝日に一般開放している。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 3時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る