国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

京都・千本釈迦堂で「大根だき」

冬恒例、無病息災願う

 二十四節気の一つ「大雪」の7日、京都市上京区の千本釈迦堂(大報恩寺)で、無病息災を願い大鍋で大根を炊く冬の風物詩「大根だき」が始まった。8日まで。

 釈迦が修行中に悪魔の誘惑に負けず、12月8日に悟りを開いたことにちなむ法要「成道会」に合わせた恒例行事。鎌倉時代に、大根の切り口に梵字を書いて、魔よけとして参拝者に振る舞ったのが始まりとされる。

 鍋の前には大勢の列ができ、参拝者は煮込んだ熱々の大根や油揚げを味わった。

 1杯千円。2日間で約1万食を用意している。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 3時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る