国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

大平まゆみさん難病で札響退団

ALSと公表、演奏活動は継続

 札幌交響楽団(札響)のコンサートマスターで仙台市出身のバイオリニストの大平まゆみさん(62)が20日、難病筋萎縮性側索硬化症(ALS)の可能性が極めて高いと診断告知され11月末で退団すると発表した。今後は治療をしながら演奏活動を続けるとしている。

 大平さんは同日「病気に遭遇して、人生の意義を考えさせられている。私にできる小さなことを一つ一つ確実に形にしていきたいと、病名を公表した。音楽には大きな力があると信じている」とのコメントを発表した。事務所によると筋力の低下でろれつが回らないものの、演奏はできるという。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 15時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る