国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

コメ生産、最大717万トン

20年、需要縮小で減少続く

 農林水産省は20日、2020年産の主食用米について、需要に見合った全国の生産量は708万~717万トンになり、19年産の当初予測(718万~726万トン)より10万トン程度減少するとの見通しを発表した。人口減や食生活の変化に伴うコメの需要縮小で減少が続いている。供給過剰になれば価格下落につながるため、飼料用米や麦・大豆などへの転作の取り組みが課題となりそうだ。

 国は18年産から生産調整(減反)を廃止したが、需要に応じた作付けをするよう求めている。農水省が示した需給見通しは自治体などが自主的に設定する「目安」への影響が大きく、事実上の目標値となる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る