国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

台風被災地にオレンジ色の輝き

宮城・丸森町で特産干し柿づくり

 台風19号で大きな被害を受けた宮城県丸森町耕野地区で、特産の干し柿「ころ柿」作りが始まった。直売所「いなか道の駅やしまや」では20日、オレンジ色の実がカーテンのようにつり下げられ、陽光に輝いていた。柿は吹き抜ける寒風にさらされて甘みを蓄え、年明けに出荷される予定だ。

 店は床上約1・6メートルまで浸水。1階の野菜や菓子などの商品はほぼ全滅したが、2階の柿干し場は無事だった。常連客ら延べ約130人が泥の撤去や掃除を手伝い、30日に営業再開できる見通しだ。店主の八島哲郎さん(57)は「ころ柿を待っている人がいる。へこたれている場合じゃない」と力を込めた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る