国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

潜伏キリシタンの聖画修復

「雪のサンタマリア」

 江戸幕府によるキリスト教弾圧下、長崎・外海地区の潜伏キリシタンが隠し持ち、信仰の対象にした聖画「雪のサンタマリア」が、京都で修復された。潜伏キリシタンが用いた聖画はほとんど残っておらず、貴重な作品。レプリカも作られ、来日するローマ法王フランシスコに贈られる。

 所蔵する日本二十六聖人記念館(長崎市)によると、大きさは縦約28cm、横約22cm。和紙に聖母マリアが描かれ、17世紀初頭に長崎で開かれたイエズス会の教育機関で絵を学んだ日本人による作とされる。

 潜伏キリシタンは祈りの際、聖母マリアに見立てた「マリア観音」などを用い、聖画が作られることは少なかった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る