国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

はやぶさ2、地球へ出発

20年末帰還、8億キロの旅

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機はやぶさ2が13日午前10時すぎ、地球に向けて小惑星りゅうぐうを出発した。2回の着陸で入手したりゅうぐうの岩の破片が入ったカプセルを抱え、宇宙空間を約8億キロ飛行。2020年末に帰還を目指す。無事試料を回収できれば、太陽系の成り立ちや地球の生命起源に迫る研究成果も期待される。

 14年に地球を出発し、18年6月にりゅうぐうに到着したはやぶさ2は、約1年半の間にりゅうぐうへ着陸して岩石試料を採取したり、人工クレーターをつくったりするなど、当初の目標を全て完璧にこなした。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る