国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

アフリカの寄生虫対策を強化

WHO、日本の支援背景

 人の足に寄生するノミが引き起こし、アフリカで流行する「スナノミ症」を世界保健機関(WHO)が「顧みられない熱帯病」の一つと認め、重点的な対策が進む見通しとなったことが8日までに分かった。厚生労働省が明らかにした。

 国際的な基金の支援が入り、薬の開発や予防活動が活発化しそうだ。2016年、日本の非政府組織(NGO)が患者の多いケニアの村を訪れたのをきっかけに感染予防のため靴を現地に届けるなどの運動が広がり、日本政府も支援していた。

 スナノミ症はアフリカや南米に生息するスナノミが足の指やかかとに入り込み、卵を産み付けて起きる。死亡することもある。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る