国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

山口組ナンバー2が出所

警察当局、抗争激化を警戒

 国内最大の指定暴力団山口組ナンバー2の高山清司若頭(72)が18日、刑期を終えて東京・府中刑務所を出所した。高山若頭が服役中に山口組は神戸山口組など3団体に分裂。10日には神戸市の同組系組事務所前で組員2人が射殺され、山口組系組員が逮捕されるなど両組は抗争状態にあり、警察当局は激化する恐れもあるとみて警戒を強めている。

 多数の機動隊員が警戒する中、高山若頭を乗せたワゴン車は午前6時前に同刑務所を出発。午前7時すぎに品川駅で東海道新幹線に乗る際は、首にコルセットのようなものを巻き、つえをついてゆっくりと歩いた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る