国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

自民、商業捕鯨の盛り上げへ気勢

党本部で試食会、連携を再確認

 自民党は9日、7月に31年ぶりに再開した商業捕鯨を盛り上げようと、仙台港で水揚げされたニタリクジラの試食会を党本部で開いた。商業捕鯨の再開に取り組んできた議員や捕鯨事業者ら約230人が参加。刺し身などの料理に舌鼓を打ちながら、鯨肉の需要拡大へ関係者が連携して取り組むことを再確認した。

 日本の古式捕鯨発祥の地とされる和歌山県選出の二階俊博幹事長が「捕鯨に生涯をかけて頑張る皆さまの生活を、党としてもしっかり支えていかないといけない」とあいさつ。江藤拓農相も「この機会に多くの国民に食べてもらいたい」と気勢を上げた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る