国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

吉野彰氏にノーベル化学賞

リチウムイオン電池開発、旭化成

 【ストックホルム共同】スウェーデンの王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を旭化成名誉フェローで名城大教授の吉野彰氏(71)ら3氏に授与すると発表した。スマートフォンなどに広く使われるリチウムイオン電池を開発し、現在の情報化社会を支えるほか地球温暖化の解決にもつながる成果として高く評価された。同アカデミーは「私たちの生活に革命をもたらし、人類に偉大な貢献をした」とたたえた。

 日本人のノーベル賞受賞は27人目で、化学賞は8人目。吉野氏は東京都内で記者会見し「受賞は非常にうれしい。電気自動車が普及すれば、環境問題の解決に貢献できる」と述べた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る