国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

「量子暗号」25年に実用化へ

機密の安全、格段に向上

 政府が、機密性の高い情報をサイバー攻撃から守る、解読困難な「量子暗号」と呼ばれる次世代技術の研究開発を加速し、2025年に実用化を目指すことが23日分かった。外交公電や企業の先端技術といった重要な情報の安全性が、格段に高まることが期待できる。

 政府は25年に全国で量子暗号を使える環境を整える考えで、既に設置されている光ファイバー網の活用を検討する。総務省が8月末に示す20年度予算の概算要求に、研究開発費15億円を盛り込む。将来的には、各国首脳とのビデオ会話や外交上の機密情報などに量子暗号を利用できるよう、人工衛星で通信網を整備する考えだ。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る