国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

ロシア軍当局者、原子炉爆発否定

燃料の放射性物質が飛散と説明

 【モスクワ共同】ロシア北部アルハンゲリスク州の海軍実験場で起きた事故は核爆発ではなく、ミサイルエンジンの実験中に起きた爆発で、燃料に使用された放射性物質が周辺に飛散したとロシア軍当局者が地元住民に説明していたことが21日までに分かった。

 事故を巡り専門家の間では、開発中の原子力推進式巡航ミサイル「ブレベスニク」のエンジンの小型原子炉が爆発したとの観測と、「放射性同位元素を使った液体燃料推進システム」の事故との二つの見方が出ていた。現場周辺での放射線の上昇が限定的だったことに加え、軍当局者の説明により、ブレベスニクの可能性は後退した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る