国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

トランプ氏、火星にも関心

月面着陸50年で飛行士招待

 【ワシントン共同】米国の宇宙船アポロ11号による人類初の月面着陸から20日で50年になるのを記念し、トランプ米大統領は19日、当時の飛行士や家族をホワイトハウスに招いて功績をたたえた。米国はトランプ氏の指示に基づき、再び有人月探査を行った後、月を足掛かりに火星を目指す計画。トランプ氏は「直接行けないものか」と述べ、火星にも関心を示した。

 またアポロ11号で月を歩いたオルドリン氏(89)と故アームストロング船長の家族、月上空の司令船から見守ったコリンズ氏(88)に対し、半世紀前の月面着陸を「史上最も偉大な業績の一つだ」と評価した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る