国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

3県で保育士登録取り消し漏れ

わいせつ行為などの刑事罰で

 わいせつ行為などの犯罪で刑事罰を受けた保育士について、神奈川、岐阜、愛知の3県が、児童福祉法に基づく保育士の登録の取り消しをしていなかったことが18日、分かった。厚生労働省が明らかにした。

 取り消しが漏れていたのは、神奈川1人、岐阜1人、愛知2人。厚労省によると、うち神奈川と愛知の1人は事態の発覚を受け、登録が取り消された。残る2人も県が取り消しの手続きを進めているという。

 児童福祉法は、禁錮以上の刑を受けた場合などに、刑を終えてから2年間は保育士として登録できないと定めている。取り消し事案が起きた場合、都道府県が手続きをするが、把握が難しい現状がある。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る