国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

住商、アジアのバナナ生産撤退

1970年からフィリピンで

 住友商事は18日、アジアでのバナナ生産事業から撤退すると発表した。傘下の「スミフルシンガポール」について、保有する株式49%全てを合弁相手に売却する。売却額は非公表。9月末までの売却完了を目指す。

 住商は1970年からフィリピンでバナナ生産を手掛けており、2003年から「ソーントンベンチャー」と合弁を組んでいた。

 日本では「甘熟王」ブランドでの販売で知られており、スミフルシンガポール傘下で日本での販売を手掛けるスミフルジャパンは、国内大手の一角を占める。甘熟王の今後の国内流通については未定という。

 売却理由について「事業の将来性を考えたため」としている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る