新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202042日()

東西南北

2019.11.22



 今月上旬から住民票やマイナンバーカードに旧姓を併記できるようになった。国は旧姓を証明しやすくし、女性の仕事や生活を後押ししたいとか。想定では預金口座なども旧姓のまま利用できるが、関係機関の対応が遅れ、大分市への申請は6件(18日まで)にとどまる▼夫婦別姓の是非が議論されて久しい。日本は明治以来、民法で夫婦同姓と規定されているが、世界では現在、日本のみだ。1996年に法制審議会が選択的に認める民法改正案を法相に答申したが、実現していない。国連の女子差別撤廃委員会は再三、是正勧告をしている▼国の対応は保守層への配慮からか、一貫して小手先に映る。今夏の参院選でも複数の政党が公約に盛り込んだが、大きな争点にならなかった▼各種世論調査をみると、夫婦別姓への理解はかなり浸透しているが、現実には旧姓の通称使用、事実婚などで対応するしかない。結婚して姓を変える大多数の女性にだけ負担を強いる現実は変わりそうにない。安倍政権が掲げる「女性活躍推進」がむなしく響く▼国の調査によると、生涯未婚率は2019年、男性23・4%、女性14・1%に達した。少子化や人口減少の問題とも絡み、見過ごせない課題だ▼22日は「いい夫婦の日」。パートナーへの思いを形にする日とされ、平成になって一般的になった。令和の夫婦や家族はどんな姿になっていくのか。この機会に考えたい。
2019年11月22日

東西南北

 

 大分合同新聞の顔とも言えるコラムです。朝刊1面に掲載。短い文章ですが、政治や世の中の動き、いま話題の事柄を鋭く、時に風刺の効いた、心温まる筆致で描きます。故事来歴などのうんちくも豊富。文章に親しみ、物事を考えるヒントにもなる。それが「東西南北」です。

最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 15時31分集計

大分ニュース