大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

三重総合高の4人、コンピュータ会計能力検定2級に合格

 豊後大野市三重町の三重総合高メディア科学科(商業系)3年の男女4人が本年度の「コンピュータ会計能力検定」で、専門学校修了程度の能力を必要とする2級に合格した。「学んで得た経験を今後に生かしたい」と喜んでいる。
 検定は全国経理教育協会(東京都)が実施。企業で使う会計ソフトを操作して受検する。指導した衛藤準教諭(52)は「職場で生きる資格。県内の高校で取り組んでいるのは本校だけではないか」と説明。2017年に3人、18年には9人が合格している。
 同校によると、4人は放課後に勉強に励んだ。市などでつくる「三重総合高校の明日を拓く会」の支援で専門学校の講師からも指導を受けたという。
 卒業後、キャビンアテンダントの専門学校に進学する古沢舞海(まみ)さん(18)は「合格証書を手にできてうれしい」と笑顔。専門学校に進み、それぞれ税理士と公認会計士を目指すという曽我翔(かける)さん(18)と原田誠さん(18)は「原簿が複雑で大変だった。1級も取りたい」と意気込む。短大で国際交流を学ぶ児玉楓恋(かれん)さん(18)は「将来は資格を生かせる仕事に就きたい」と話した。
※この記事は、3月27日大分合同新聞朝刊14ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 8時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る