大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

豊後高田市特産「米仕上牛」、給食メニューに

 県産飼料米で育てた豊後高田市特産「豊後・米仕上牛(こめしあげぎゅう)」をメニューにした給食が15日、市内全ての小中学校16校と幼稚園2園で振る舞われた。子どもたちにおいしさを伝えようと、市教委が初めて献立に加えた。市内佐野の河内小(時枝博文校長、25人)では生産者と一緒に味わい、食に対する感謝の気持ちを学んだ。
 市教委では月1回「食育の日」を設定。県産食材をふんだんに使った給食を提供している。今回は米仕上牛をしょうが焼きにして出した。
 米仕上牛は県産のコメや稲わらを混ぜた餌を与えることで、うま味成分のオレイン酸を多く含む。後味がさっぱりという。同市の畜産農家2戸が肥育している。
 河内小には近くの小田原で約千頭を育てる仲井高志さん(43)が訪れた。長男悠陽君(10)が在籍する5年生と4年生計9人と席を囲んで食べた。
 仲井さんは普段の仕事内容を紹介。「家でも牛を食べてほしい。モーとしか言わないが、毎日見ていると気持ちが分かるようになる。人間も同じ。よく観察して相手の気持ちを考えて、仲良く過ごしてほしい」と話した。
 小さい頃から牧場を手伝ったという悠陽君は「お父さんの育てた牛をみんなおいしく食べてくれてうれしい。将来の夢はJリーガーだが、やめたら後を継ぎたい」と語った。
※この記事は、11月17日大分合同新聞朝刊13ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る