大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

但馬3位タイ、新海は7位タイ フンドーキン女子ゴルフ

 女子ゴルフのステップアップツアー「フンドーキンレディース」(大分合同新聞社後援)最終日は3日、臼杵市の臼杵カントリークラブ(6502ヤード、パー72)であった。石川明日香(フリー)が通算8アンダーで並んだ幡野夏生(フリー)とのプレーオフを制し、同ツアーの今季2勝目を挙げた。
 県勢は大分高出身の但馬友(フリー)が1打届かず通算7アンダーで3位タイ、同高出身の新海美優(城島高原GC)も通算6アンダーの7位タイと健闘した。
 最終成績(3位まで)と県勢の成績は次の通り。
 (1)石川明日香(フリー)208(68、71、69)(2)幡野夏生(フリー)208(67、73、68)(3)中野恵里花(フリー)209(71、71、67)森井あやめ(国際振興スポーツ協会)209(70、70、69)ヌック・スカパン(シンハ)209(66、71、72)但馬友(フリー)209(68、69、72)(7)新海美優(城島高原GC)210(69、70、71)

〇但馬、1打届かずPO逃す
 「うーん、惜しかった」―。最終日を首位タイで発進した但馬友(フリー)はトップに1打届かず3位タイで終え、悔しさをのぞかせた。
 最終18番ホール(パー4)で沈めればプレーオフ(PO)に進めるバーディーパットを迎えた。約4メートル弱。1打差でリードする2人は同学年だけに、POを一緒に争うためにも「絶対に入る」と信じて放ったパットはわずかに外れた。最終日は「パッティングの感覚は良かった」と振り返った。だが何度かあったバーディーチャンスを生かすことができなかった。
 試合後、「ゴルフの神様がもっと練習しなさいと言っているのかも」と苦笑いした。それでも「最後まで大崩れしなかったことは合格点を与えられる」と評価。今季ステップアップツアーで2位に入っており、「次こそ優勝を目指す」と前を見据えた。

〇新海、粘り発揮「復活へ手応え」
 新海美優(城島高原GC)は最後まで上位争いに絡んだが、惜しくも7位タイでフィニッシュした。
 出だしの1番ホールで3パットをたたいてボギー。「嫌な感覚を最後まで引きずってしまった」と悔やんだが、粘って3日間ともアンダーパーで終えた。
 今季はトップツアーで予選落ちが続くなど、不調が続いていた。「後半のバーディーは二つともショートホール。ショットが安定してきた証し。復活の手応えをつかんだ」とうなずいた。
※この記事は、10月4日大分合同新聞朝刊16ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る