新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202048日()

別府大が勝利 北部九州大学野球

 第101回九州地区大学野球選手権北部九州ブロック大会(大分合同新聞社後援)第4週第2日は5日、大分市の別大興産スタジアムなどであった。県勢1部の別府大は勝利を収めたが、日本文理大は初黒星を喫した。2部は1次リーグを終え、順位決定リーグに入った。
 【1部】
別府大(1勝6敗)
101 000 010|3
001 001 000|2
長崎国際大(1勝6敗)
(別)沢田、福田、高本―松永
(長)菅原―江川
▽二塁打 清水(長)
近畿大産業理工学部(3勝4敗)
200 000 010|3
000 000 000|0
日本文理大(6勝1敗)
(近)和泉―西
(日)伊藤、末松、吉村、小川、田畑、藤野―小出
 【2部】▽1~3位リーグ
折尾愛真短大 000 00|0
大分大    521 2×|10
(5回コールド)
(折)榎本、岩切―若林
(大)多田―榎並
▽三塁打 船越(大)▽二塁打 飯田(折)白浜、栗田、後藤(大)
 ▽4~7位リーグ
九州歯科大  000 00 |0
立命館APU 012 07x|10
(5回コールド)
(九)矢野、植木―山本
(立)真田―林
▽三塁打 森川、杉尾(立)▽二塁打 丸山(立)

※この記事は、5月6日 大分合同新聞 17ページに掲載されています。

最新記事
県立学校の休校解除、部活動も再開へ
トリニータ、19日まで活動休止 選手に自宅待機を要請
九州高校野球が中止に 大分県予選の代替大会検討
バサジィ、山田の新加入発表 赤木と山中がトップ昇格
フンドーキンレディース、6月に延期
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 9時1分集計

大分ニュース