新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202045日()

「法テラスを知って」 大分市で街頭PR

業務内容をまとめたリーフレットを配る法テラス大分の職員(左)
業務内容をまとめたリーフレットを配る法テラス大分の職員(左)

 法的トラブルの解決を支援する「法テラス大分」(大分市)は14日、市中心部で街頭PR活動をした。法テラスの存在を知ってもらおうと、設立日(4月10日)に合わせて毎年実施している。
 職員10人が参加。業務内容や相談の手順をまとめたリーフレット500部を買い物客らに配った。
 法テラスは金銭や家庭、労働などの法的トラブルに対し、裁判手続きの説明や、相談機関の紹介をしている。経済的な余裕のない人には無料法律相談や弁護士費用などを立て替える制度もある。
 須賀陽二所長は「どこに相談していいか分からないとき、まず法テラスを活用してほしい」と話した。

※この記事は、4月16日 大分合同新聞 11ページに掲載されています。

最新記事
3日に判明の40代男性 陰性の人から感染か
ツイッターの不適切投稿に「警告」送信 大分県警、定期的にチェック
九重町の竜門の滝でがけ崩れ 今夏の滝滑り中止か
別府市の40代男性が感染 濃厚接触者と同僚、再検査で陽性に
「大分市は感染確認地域」市長が認識示す
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 6時11分集計

大分ニュース