大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

玖珠町にプラ再資源化工場新設 グリーンプラ

先進的な取り組み「活性化の役に」

 紙や建材の結束、荷造りに使われるポリプロピレン(PP)バンドなどプラスチック製品を製造する「グリーンプラ」(本社・東京)は、使用済みのPPバンドを原料として再資源化する工場を玖珠町戸畑に新設した。6月から操業開始し、10人程度を地元で雇用する計画。佐紺悠一社長ら3人が19日、町役場を訪れ、宿利政和町長と河野博文町議会議長に事業概要などを説明した。

 工場は平屋で延べ床面積は約600平方メートル。投資額は約1・6億円。原料となる樹脂ペレットを月200トン生産する見込みで、福岡県柳川市のグループ会社でPPバンドに加工する。
 佐紺社長によると、福岡に近いなどの立地環境から玖珠への工場開設を決めた。町内での業務の一部は、合成樹脂を利用したクッション材などを製造する地場企業「エコワールド」と連携して取り組む。
 これまで青や黄色などのPPバンドをリサイクルする際、色が混ざり、くすんだ黒や灰色にしかできなかった。グリーンプラは5年ほど前から試行錯誤を続け、回収したバンドを色別に仕分けするシステムを開発。現在、特許庁に商標登録を出願しているという。
 宿利町長と河野議長は「数ある候補地から玖珠町を選んでくれて感謝している。できることは協力したい」とあいさつ。佐紺社長は「業界的に先進的な取り組みで全国に展開していきたい。町の活性化にも一役買いたい」と話した。
※この記事は、3月21日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る