大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

大分川ダムで思い出を 展望所リニューアル フォトフレーム、パネル設置

 大分市下原の大分川ダム第2展望所に、ダム湖をバックに写真撮影を楽しめるフォトフレームなどが登場した。設置した国土交通省大分川ダム工事事務所は「訪れた記念や思い出づくりに活用してもらえたら」と話している。

 ダムは本体工事が終わり、2020年4月の供用開始に向けて、異常の有無を確認するため試験的に洪水時の最高水位まで水をためている段階。これまで展望所に掲げていた工事の概要などの説明パネルや完成予想図が役目を終えたことからリニューアルした。
 フォトフレーム(高さ約2・5メートル、幅1・7メートル)はマニアに人気の「ダムカード」をイメージしたデザイン。眺望のベストポイントに設けられ、天然の岩石や土を積み上げて造られた「ロックフィル形式」の堤体とダム湖を写し込むことができるようになっている。
 すぐ横には、工事関係者に昔から親しまれているという「ダム式万歳」が描かれた顔出しパネルも並んでいる。顔出しパネルは大分川ダムのマスコットキャラクター「ロックくん」と県の応援団“鳥”「めじろん」が描かれたバージョンもあり、適宜置き換えるという。
 現在の水位は平常時を超え、「平年の雨量で推移すれば2019年4月までには洪水時の最高水位までに達しそう」と同事務所。「今の状況は、供用後は大雨の日以外見ることができない。まだ訪れたことのない人もこの機会にぜひ見学を」と呼び掛けている。
※この記事は、11月27日大分合同新聞朝刊10ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 8時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る