国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

表現の不自由展、公開は6回に

再開2日目、定員各35人

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が再開から2日目の9日、引き続き公開された。2カ月ぶりの再開となった8日はガイド付きツアーが午後に2回行われた。9日は午前2回、午後4回の計6回になる予定で、いずれも抽選で定員各35人を選び、鑑賞時間は40~60分。

 不自由展は16作家の23作品で構成される。8日の2回は定員各30人で、抽選に計1358人が集まった。一部配置変更があったが、元慰安婦を象徴する「平和の少女像」や昭和天皇を扱った映像作品を含む全作品が8日、原則元通りに公開された。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る