国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

資産家「ドン・ファン」捜査難航

不審死1年、和歌山

 和歌山県田辺市の資産家で「紀州のドン・ファン」と呼ばれた酒類販売会社の元社長野崎幸助さん=当時(77)=が急性覚醒剤中毒で死亡してから24日で1年。死亡の経緯に不審な点があるとして、県警が捜査を続けている。体内から覚醒剤が見つかった理由や経緯は不明のまま。事件かどうかの見極めも難しく、捜査は難航している。

 18日午後、野崎さんの自宅から約3キロ離れた田辺市内の寺院で、一周忌法要がひっそりと営まれた。小雨が降る中、小規模で参列者は少なく、30分ほどで終了した。

 野崎さんは昨年5月24日午後10時半ごろ、寝室で倒れているのを、妻(23)が発見した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る