新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202045日()

多様な作品、レベル向上 大分県高文連中央展の書道・写真部門

県内の高校生が書いた力作が並ぶ会場=12日午前、大分市美術館
県内の高校生が書いた力作が並ぶ会場=12日午前、大分市美術館

 第68回県高校文化連盟(県高文連)中央展(大分合同新聞社後援)の書道、写真両部門の展覧会が12日、大分市美術館で始まった。入場無料、15日まで。
 県内高校の書道部員による書236点、写真部員が撮った写真213点を展示している。県高文連書道専門部の堀谷桂(かつら)教諭は「篆書(てんしょ)や刻字などの出品が増え、バリエーションが広がった。しっかり書き込まれた書が多い」、同写真専門部の吉田裕叶(ゆか)教諭は「デジタル化でカメラが身近になったこともあり、年々出品数も増えてレベルも上がっている」とそれぞれ話した。
 上位入賞者は次の通り。
 =書道部門=【最優秀賞】(中津北2年)板橋希々花(大分上野丘2年)朝倉侑香(大分南2年)羽田野和(大分2年)佐藤しほ、三浦武(竹田2年)小並菜々子【優秀賞】(中津北2年)川野真愛佳、佐藤美有(杵築2年)藤本陽(別府鶴見丘2年)木原ひかり、田中穂香(大分南2年)佐田京香、秋吉真菜、山村緋莉(同1年)嶋田優萌(大分2年)松本万智子、藤田萌依、林千尋(竹田2年)吉良美咲(臼杵2年)神矢桜花
 =写真部門=【最優秀賞】(大分上野丘2年)沢田優郁(鶴崎工業3年)佐々木実由、竹永桃姫(大分国際情報3年)運上明愛(大分東明2年)伊藤好花【優秀賞】(大分上野丘2年)衛藤由依(佐伯鶴城1年)椎原琉音(鶴崎工業3年)玉田珠蘭、森田奈々子(同2年)嶋田唯(別府翔青2年)辛島菜々美(大分国際情報2年)後藤向日葵、椎原水琴(大分東明2年)徳丸最愛(同1年)山下諒子

※この記事は、12月12日 大分合同新聞 11ページに掲載されています。

最新記事
「地域全体を芸術空間に」大分県立美術館の井上特別顧問に聞く
ネオ・ダダ結成60年、今も斬新な「痕跡」 東京で作品展
大学生らがサポート 大分市の児童育成クラブや認可外保育施設
赤神諒さん、岡藩モデルに小説 「はぐれ鴉」連載開始
新型コロナ、便乗詐欺や悪質商法にご用心 〝巣ごもり〟で増加懸念
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 6時31分集計

大分ニュース