(1)第4回「スポーツは地域を沸かす」

元気生む先進県に

 地域の明るい未来を創造する方策を探る、大分合同新聞社のミライデザイン宣言「ハピカム」第4回「スポーツは地域を沸かす」が2日、大分市の大分銀行ドームで開かれた。プロ、障害者、地域スポーツの運営や推進に奮闘するメンバーが出演。性別や年齢、障害の有無に関係なく関わることができるスポーツを通じ、地域の絆づくりや共生社会の実現について活発な意見を交わした。(20面に特集、27日付朝刊に詳報掲載)

> (左から)開会式であいさつする長野景一社長、アドバイザーの天野春果さん、コーディネーターの首藤誠一報道部編集委員
 開会式で大分合同新聞社の長野景一社長は、サッカーJ1の大分トリニータなどを踏まえて「大分は観戦だけでなく、スポーツを通じた人づくりも盛ん。本音の熱い議論を楽しみにしています」とあいさつ。首藤誠一報道部編集委員が進行した。

 キーノートセッションでは、J1川崎フロンターレで地域密着事業を実践した天野春果さん(現・東京五輪・パラリンピック組織委エンゲージメント企画部長)が、地域に愛されるプロスポーツクラブに必要なことについてアドバイス。「熱量」や「ユーモア」など体験を交えて説明した。

 地域リポートでは、吉門恵美さん(大分フットボールクラブソーシャルアクション室)、牛尾洋人さん(日本デフビーチバレーボール協会理事長)、宮崎啓子さん(総合型地域スポーツクラブわっしょいUSAクラブマネジャー)、中山正剛さん(別府大短期大学部准教授)、小笠原順子さん(竹田市地域おこし協力隊)が取り組みなどを発表した。

 出演者全員によるトークセッションがあり、日々の活動で大切にしていることや目標についてキーワードを発表。「みんなで」(小笠原さん)、「誰でも」(宮崎さん)、「逆風はぼくにとってグッドサイド」(牛尾さん)、「愛されて強いチームに」(吉門さん)、「軸を持つ・変化を恐れない」(中山さん)などを挙げた。

 天野さんは「プロチームがあり、ラグビーW杯も開催されるなど大分は(スポーツを通じた地域づくりの環境が)そろっている」と指摘し、首藤編集委員は「スポーツには多様な力がある。スポーツで地域を元気にする先進県大分を目指そう」と締めくくった。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る