大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

「これからも魅力伝える」思い新た ジオパーク全国大会実行委員会

 県内初開催となった日本ジオパーク全国大会(昨年10、11月)の実行委員会が13日、大分市内で会合を開いた。姫島村、豊後大野市のジオパークを巡るツアーなどを映像と冊子で振り返り、「これからも魅力を伝えていこう」と思いを新たにした。
 行政や観光、商工、教育など各分野の代表13人が出席した。名誉委員長の広瀬勝貞知事、実行委員長の藤本昭夫姫島村長、川野文敏豊後大野市長が「県内外から延べ約5千人が訪れた。多くの人が大会に関わり、交流ができた」とあいさつ。大会の様子を記録したDVDを視聴するなどした。
 県自然保護推進室の橋本昌樹室長は「ジオパークのツアーを地域に定着させ、ファンを増やしたい。2年後の再認定を目指して準備を進めたい」と話した。
※この記事は、3月14日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 8時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る