新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202049日()

心の傷に寄り添う  大分市で犯罪被害者支援コンサート

演奏するディアフレンズ=大分市
演奏するディアフレンズ=大分市

 犯罪に遭った人や家族を支援するためのチャリティーコンサートが16日、大分市内のホールであった。
 約600人が来場。大分被害者支援センター(同市東春日町)の三井嘉雄理事長が「心に傷を負った人に寄り添った活動をしていきたい」とあいさつした。
 かぐや姫の初代メンバー森進一郎さん(70)=同市新春日町=が率いるフォークバンド「ディアフレンズ」が出演。「想(おも)い出がいっぱい」や「なごり雪」、竹内まりやの「いのちの歌」など13曲を披露し、最後は会場全体で「翼をください」を合唱した。
 コンサートは被害者支援の取り組みを広く知ってもらうため、同センターが隔年で開いている。収益は活動資金に充てる。

※この記事は、2月24日 大分合同新聞 11ページに掲載されています。

最新記事
元気な姿久しぶり 3市再休校「寂しい」 小中高校で始業式
ちぐはぐな新学期 高校再開の兄、小5の弟は休校 
「TAOでクラスター」 竹田で新たに6人が新型コロナウイルス感染
清掃業務委託料を業者に支払わず、宇佐市職員を処分
緊急事態宣言で在宅勤務や臨時休業に 東京都内の大分県関係の出先機関や支店
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 3時31分集計

大分ニュース