大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

全国高校サッカー、大分は大みそかに矢板中央と初戦

 【東京支社】第98回全国高校サッカー選手権大会(12月30日開幕)の組み合わせ抽選会が18日、東京都内であった。県代表の大分(2年連続11回目)は第2日の12月31日午後0時5分から、ゼットエーオリプリスタジアム(千葉県市原市)の1回戦で、栃木県代表の矢板中央と対戦することが決まった。
 抽選会には代表校の監督、主将らが出席。大分は永松恭聖副主将(3年)が臨み、くじを引いた。
 大会は首都圏の9会場で開かれる。開会式と開幕戦は駒沢陸上競技場(東京都世田谷区)で、来年1月11日の準決勝、同13日の決勝はいずれも埼玉スタジアム(さいたま市)である。

 大分・小野正和監督の話 対戦相手は関東屈指の強豪校。守りが堅いイメージがある。まずは情報収集を進めて研究し、1回戦を突破したい。
 大分・永松恭聖副主将の話 自分たちの強みであるパスワークを磨いて初戦に臨みたい。全国制覇を目指す。
※この記事は、11月19日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る