大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

留学生と英語で交流 別府市の小学生がAPUで「キャンパス体験学習」

 別府市の小学生が大学を訪れる「キャンパス体験学習」が6日、立命館アジア太平洋大(APU)で始まった。市内14校の6年生が対象で、留学生との交流を通して英語への意欲向上を図る。
 この日は大平山小61人、東山小8人が体験。教室では大平山小3班と東山小に分かれ、オーストラリアやモンゴルなどの留学生4人と交流。事前学習で調べた別府のことを、英語で伝えることに挑戦。一緒に折り鶴を作るなど、異文化交流も楽しんだ。
 キャンパス内を歩く学生に、英語で好きな色を尋ねる活動もあった。東山小児童はカフェテリアで昼食を食べ、学生気分を味わった。
 大平山小の三浦美羽さん(12)は「外国人と話す機会がないので新鮮だった。発音を学べてよかった」、大久保実桜さん(12)は「大学は広くて、いろんな国の文化や言葉を感じた」と話した。
 市教委がグローバル人材育成推進事業の一環で、本年度初めて実施。来年1月まで順次、各校が訪れる。
※この記事は、11月18日大分合同新聞朝刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 15時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る