大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

柔道、中間は8強入りならず 全国高校総合体育大会

 全国高校総合体育大会(南部九州総体)第18日は13日、鹿児島市の鹿児島アリーナなどで柔道とセーリングがあった。
 柔道女子個人63キロ級で、中間瑞紀(大分西)は3回戦で敗れ、8強入りはならなかった。
 第19日は14日、和歌山県でセーリングがある。

<柔道>
 (鹿児島アリーナ)
 ▽女子63キロ級1回戦
中間瑞紀(大分西)
優勢
吉村帆夏(京都・立命館宇治)
 ▽同2回戦
中間瑞紀(大分西)
優勢
天間菜々美(青森・八戸西)  
 ▽同3回戦
小斉穂奈美(山梨・富士学苑)
優勢
中間瑞紀(大分西)
 ▽同70キロ級1回戦
瀬戸亜香音(山梨・富士学苑)
合わせ技
工藤奈々(柳ケ浦)
 ▽同78キロ級1回戦
高山美憂(静岡・藤枝順心)
合わせ技
名郷未祐(大分西)
 ▽同78キロ超級1回戦
吉山風暖(滋賀・比叡山)
後ろけさ固め
羽田野真尋(三重総合)

〇中間「国体で貢献したい」
 柔道女子個人63キロ級に臨んだ大分西の中間瑞紀(3年)は3回戦で準優勝した選手に惜敗し、8強入りはならなかった。
 1回戦は延長の末に背負い落としで勝ち、2回戦は自分から仕掛け続け、相手の指導2で突破した。3回戦も強敵を相手に果敢に攻めたが、かけ逃げと場外で2度の指導を受けて涙をのんだ。
 1回戦で敗れた11日の団体戦でもチーム唯一の勝利を挙げた中間。「調子はずっと良かった」としながらも、「結果を出したかった。納得できない部分もある。国体で貢献したい」と話した。
※この記事は、8月14日大分合同新聞朝刊18ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る