大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

ジオパーク全国大会でパビリオンとツアー23プラン  

実行委が計画案を承認

 県内で開催される日本ジオパーク全国大会(10月31日~11月5日)に向けた実行委員会の第3回会合が19日、大分市内であった。講演や展示、ツアーといったプログラムの実施計画案を承認した。

 委員17人が出席。名誉委員長の広瀬勝貞知事、実行委員長の藤本昭夫姫島村長と川野文敏豊後大野市長が「いよいよ大会が近づいてきた。しっかり準備を」とあいさつした。

 実施計画によると、11月2日は大分市、3、4両日は豊後大野市が会場。講演やパネルディスカッション、関係者らによる研究成果の発表などを予定している。ジオパークの見どころとなる「ジオサイト」の保全などをテーマに五つの分科会も開催。各地のジオパークの魅力を伝えるパビリオンを設ける。

 期間中、姫島、豊後大野、阿蘇を巡るツアーを計23プラン用意している。
※この記事は、7月20日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 20時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る