大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

バサジィ快勝 隙なし6発

 フットサルFリーグの第8節最終日は7日、大分市の県総合体育館などであった。バサジィ大分はFリーグ選抜と対戦。6―1で快勝し、リーグ首位を守った。
 大分は第9節第2日の13日、別府市のべっぷアリーナでバルドラール浦安と対戦する。

 【評】今季無敗で首位に立つ大分がFリーグ選抜に快勝した。
 前半は仁部屋のゴールで先制するなど3点を奪ってリードした。後半も相手に隙を与えずに攻め続け、芝野、白方らのゴールで加点。終了間際に失点したものの、リードをしっかりと守り切った。

〇序盤の先制点で流れをつかむ
 今季リーグ開幕から負けなしの好調大分がFリーグ選抜を圧倒し、ホームで勝ち点3を手にした。
 試合が動いたのは前半3分だった。エース仁部屋和弘がゴールを背にボールを受けた状態で、GKの動きを見て冷静に足裏でボールを流し込んで得点した。意表を突いたゴールで流れを一気に引き寄せると、森洸と田村龍太郎が追加点を奪ってリードを広げた。
 後半に入ってからも主導権を握り続けた。森がこの日2点目のゴールを決めるなど、後半10分までに6―0とし、最後まで相手を寄せ付けなかった。
 伊藤雅範監督は「よく戦ってくれた」と評価した上で、「(終了間際に)失点をしてしまったことは自分たちの課題。しっかり受け止めて改善していきたい」と話した。
 白方秀和主将は開幕から無敗という好調の要因について「今季は例年以上に選手個々レベルが高い。いい競争の中で、トレーニングできている」と分析。「勝ったことに満足せず、気持ちを切り替えて次節に臨みたい」と気を引き締めた。
※この記事は、7月8日大分合同新聞朝刊18ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 3時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る